So-net無料ブログ作成

今日の私 2019/01/18

seiko24

今日の私 2018/12/14

seiko24

今日の私 2018/12/13

seiko24

今日の私 2018/12/12

seiko24

今日の私 2018/11/26

seiko24

今日の私 2018/11/24

seiko24

今日の私 2018/10/18

seiko24

今日の私 2018/09/24

seiko24

今日の私 2018/08/04

seiko24

カッチーニの妻

DSC_0602.JPG

古楽が好きな私たちには馴染み深いカッチー二ですが、
その奥さんってどんな人?

そんな資料は音楽関係からはなかなか出てきませんね。

カッチーニの妻に焦点を当てた作品が納められているのが、
上記の『愛の年代記』(塩野七生・著/新潮文庫)。

中世末期からルネサンス時代、イタリア宮廷での9つの愛の物語。
amazonでは「フィクション」とされているけれども、
歴史的資料をもとにしたものであるから、すべて嘘物語でもないでしょう。

細やかな描写は、まるで見て来たかのようで、
実に読みやすく、わかりやすい。..
seiko24

島原の乱

2009年2月28日、NHK文化センター青山教室での
「長崎遊学サロン〜歴史を奏でる」第一回目が終了しました。

ご来場のお客様、主催のNHK文化センターの皆様、
共催の長崎県関係者の方々、共演の大石先生、
どうもありがとうございました。

天正遣欧少年使節関連のイベントは 数回行ってきましたが、
今回は 都内とあって、ビウエラとリュートの2本を弾きました。

090228_1909~0001-0002.jpg

ビウエラには 娘が5才の時に作ってくれた十字架のキーホルダーが
ついています。

大石先生の島原の乱の現場、原城跡の発掘品のお話しが 
特に印象..
seiko24

海を渡った楽器の弦は

天正遣欧少年使節にちなんだレクチャーコンサートを
また行います。

一体、16世紀の半ばから17世紀初頭にかけて、
何本ぐらいのリュートあるいはビウエラが 
海を渡って、日本にやってきたのだろう?


少なくとも、少年たちは いくつかの楽器ともに
リュートを 持ち帰っている。

当時の文献での「ヴィオラ」が、何を意味するかはさておき、
嵐も潮風もかわして、運よく日本に辿り着いたとして、
当時はガットだった弦を どうやって調達していたのだろうか?
ストックは 多少持ってきていたとしても。・・・

その永年の疑..
seiko24

天正遣欧少年使節プログラム

9月21日のイベントで演奏したプログラムは以下の通りです。


天正遣欧少年使節が聴いた音楽・弾いた音楽


(1)  長崎に響いていた聖歌

   モラレス作曲:聖母マリアの祈り

   聖歌:おお栄光の聖母よ  O gloriosa domina

       オラショの紹介(CD):ぐるりよーざ

 

(2)  訪れたスペインで流行していたメロディ 

    ナルバエス作曲:“牝牛を見張っておくれ”に基づく変奏曲

 

3)イタリアで招かれた宮廷舞踏会

    作者不詳:スペイン風舞曲

    作者不詳:イ..

seiko24

キリシタンベルト

2008年9月21日、大分銀行赤レンガ館 大ホールでのイベント、
府内と長崎シリーズ第2回
「比べてみれば、ふるさと歴史再発見!」無事に終了しました。

200人近く、会場ぎゅうぎゅう詰めの大勢のお客様、
ご来場どうもありがとうございました。

主催の大分市教育委員会、長崎県「旅する長崎学講座」の皆様、
お世話になりました。

イベントの第1部がリュートのレクチャーコンサート
「天正遣欧少年使節が聴いた音楽、弾いた音楽」

第2部が 上智大学の川村信三先生による基調講演
「大分と長崎をつなぐキリシタンベ..
seiko24

やはり飛行機!?

080921_1700~0001-0001.jpg

 

さっきまで海上を走っていたホーバーは
いきなり陸地に上がり 大分空港に横付け。

窓から見える景色は360°回転し、
あれ、やっぱり飛行機の仲間だったの?という感じで
まあ、何もかも初めて体験するものは
スリリングです。

大分=ホーバークラフトみたいな記事が続きましたが、
何よりの収穫は 1580年あたりを専門に研究していらっしゃる
異業種の方々との交流でした。

ビウエラとは何か、天正遣欧少年使節団の目的は?
いろいろと情報収穫ありの2日間でした。

seiko24

トスカーナ大公妃

大分で開催予定のイベント《旅する長崎学》で、

天正遣欧少年使節団の旅についてのミニコンサートを行います。

伊東マンショと踊ったとされるトスカーナ大公妃ビアンカの可愛い肖像画を入手。

180px-Bianca_Capello2.jpg

伊東マンショも さぞかし緊張したことだろう。・・・

イベントは 2008年9月21日(日)14時30分より

コンサートの後、川村信三氏、鹿毛敏夫氏、大石一久氏による対談があります。

会場は 大分銀行赤レンガ館 入場無料!

大分の方々のご来場を心よりお待ちしています。

 

seiko24

ルネサンスの天才

最近 出版された本です。

「巡察師ヴァリニャーノと日本」

ヴィットリオ・ヴォルピ(著)原田和夫(訳)一藝社

IMG_3325.jpg

日本に長く滞在している外国人による天正遣欧少年使節団についての考察。

使節団の仕掛人、巡察師ヴァリニャーノに焦点をあてているのも

新しい切り口です。

同時代のヨーロッパの価値観と比較すると、ヴァリニャーノの思想は 

危険な程に前衛的であり、ルネサンスの天才の一人であるという著者の主張も頷ける。

 

本の装丁も素晴らしい!

seiko24

スライド上映つきコンサート

また、パワーポイントが活躍する時期となりました。

大分での「旅する長崎学イベント」、

来月長崎での天正遣欧少年使節の千々 石ミゲルの人生についてのレクチャーコンサート。 

スライド上映で、当時の街や宮廷、建築物などの様子を見ながら、

リュートの演奏をお聴きいただきます。

リュートのロゼッタ部分の拡大写真なども投影し、美術工芸品としての

リュートの魅力もアピールしてみたいと思います。

 

 

seiko24

ミゲルの墓

このお盆にお墓参りに行かれた方も多いでしょう。

『どうしてお墓の石塔が 全国どこでも同様に、
縦長の立法体で、表に大きく戒名が刻んである、という形なのか?』

こんな疑問を持った石造物研究家が、天正遣欧少年使節のひとり、
千々石ミゲルの人生を探求。そしてついに、その墓と思われる石塔を発見!


IMG_3273.jpg

千々岩ミゲルの墓石発見  著:大石一久
             出版:長崎文献社


墓石の形や大きさは 時代によって変化しており、
現在のような形が一般的になったのは、江戸時代以降とか。

それは何故か。ミステ..
seiko24

キリシタン大名

終日、天正遣欧少年使節団とイエズス会関係の資料読み。

各地、大名の日本名の漢字の読みも要注意。

その上、洗礼名が付く。
大友宗麟が フランシスコ、高山右近が ジュスト、 大村純忠が バルトロメオ。

16世紀の日本人で、この名前。・・・

案外、洗礼名に憧れて受洗した大名も多かったのでは?

別の名前を持つだけで、違う人間になれるような気がしないでもない。

seiko24

若桑みどり先生

クリスマス近い冬の夜、新宿のイタリアン・レストランで、
ご一緒したのは何年前になるのだろう。

ワインリストに「フレスコバルディ」という名を見つけては
皆で大笑いしながら、それを注文。

イタリアのこと、ジェンダー問題のこと、そして天正遣欧少年使節のことなど、
時間を忘れて語り続ける先生の姿をもう見ることができない。
愛嬌のある毒舌を耳にすることができないのが悲しい。

安土城の屏風画をイタリアから持ち帰って下さるのを心待ちに
しておりましたのに。

ご冥福をお祈り..

seiko24

千の風になって

9月28日、新宿・京王プラザホテルにて開催された「おとなの文化祭」
でのイベントは無事に終了いたしました。

熱心に聴いて下さったお客様、主催のクラブツーリズムのスタッフの方々、
長崎県文化振興課の皆様、そして愛しの歌姫、共演の名倉亜矢子さん、
どうもありがとうございました。

今回は、長崎の歴史の魅力をアピールする催しとして、
天正遣欧少年使節の旅を音楽とスライドショーで辿りました。

千々石ミゲルの墓を発見された大石先生のお話が興味深く、
少年たちの果たした国際的..

seiko24

おとなの文化祭

クラブツーリズム主催のイベント、《おとなの文化祭》
ゴールデンエイジ・フェスタ2007に出演します。

クラブツーリズムは こだわりの旅行を求める方を対象に
様々な趣向をこらした旅行プランを提案している旅行会社です。

サイトはこちらhttp://www.club-t.com/
まだ詳細がアップされていませんが、左の方に「おとなの文化祭」コーナーが
ありますので、クリックしてみてください。

私が出演するのは、長崎への旅行をおすすめするイベント。

・・・長崎県..

seiko24

単旋律

日本や中国の音楽は、基本的に単旋律を全員で一緒にアンサンブル、
という様式が多いように感じます。

例外もあるでしょうが、明清楽もいろんな種類の楽器で合奏し、
しかも歌までついているのに、楽譜は「共通の単旋律」。

それのどこが面白いのだろうか?と長年思っていました。
和音を弾きつつメロディーも弾いてしまう、リュート弾きにしてみれば
とても不思議なこと。

今回、月琴音楽を弾いてみて初めてその楽しみの意味がわかりました。
1オクターブしかない音階。
曲は、1オクターブ..

seiko24

鎖国

天正遣欧少年使節イベントのプログラム進行台本を書くと同時進行で、
坂本龍馬記念館コンサートのためのリハーサルが行われています。

切支丹を弾圧して鎖国体制に入ろうとする日本、
これから開国して世界に目を向けようとする日本。

江戸時代の端と端にいる今の私。

さて「鎖国」は日本にとって良かったのだろうか。
鎖国をしていなかったら、今の日本とどう違っていただろう。

台所仕事、洗濯物たたみをしながら、あれこれ思いを巡らす。

seiko24

大航海時代

長崎県平戸市のコンサート、
タイトルは「音楽で偲ぶ大航海時代」。

大航海時代・・・ヨーロッパ人が船に乗って、
キリスト教の布教、貿易のために世界中へと漕ぎ出した時代です。

ザビエルの来崎、ポルトガル船の平戸入港が1550年。
イギリス人ウィリアム・アダムス(三浦按針)日本に漂着したのが1600年、
その後、平戸にイギリス、オランダ商館が建てられます。

この時期、リュートが最も盛んだった時代と重なっています。

多くの異邦人が来日したとき、
彼らはリュート持って..

seiko24

印刷機

平八のコンサートのプログラムを作成。

今回は 自宅のプリンターで製作。

ホッチキスで留めて、できあがり。

・・・・・先日の「旅する長崎学」でのお話を思い出す。

500年前の日本人は 庶民でも文字を読める人の率が高かったそうな。
それに気がついた宣教師たちは、
印刷機を用いて布教することを考え、
天正遣欧少年使節団は 印刷機をヨーロッパから持ち帰ったとか。

                         ・・・・・・・・・

こんなに自宅で じゃんじゃ..

seiko24

「旅する長崎学」プログラム

長崎県主催の《旅する長崎学》トーク&コンサート、
200名のお客様をお迎えして、無事に終了しました。

ご来場のお客様、ご一緒させていただいた脚本家・市川森一さん、
キリシタン文化研究家の五野井隆史さん、
長崎県文化振興課の皆様、どうもありがとうございました。

会場には 写真家・三沢博昭氏による「長崎の教会」の写真が
展示されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日、私が演奏したプログラムは次の通りです。

《天正遣..

seiko24

天正遣欧少年使節の旅

9月11日、『旅する長崎学』というイベントで、
ビウエラ・リュートを演奏します。

『天正遣欧少年使節の4人が聴いた音楽、弾いた音楽』
(であろう・・と私が勝手に推測した)プログラムを 
当時の絵画を見ながらお楽しみいただく趣向。

当時のセミナリヨでは、時間割が決められ、
音楽の時間(聖歌や楽器の練習)もありました。

フェリペ2世との対面、イタリアでの宮廷舞踏会。

そして、帰国後、外国人宣教師追放令が発されている中での
キリスト教布教の命運をかけての秀吉との面..

seiko24