So-net無料ブログ作成
検索選択
全国リュート行脚計画 ブログトップ
前の10件 | -

ぢっと手を見る [全国リュート行脚計画]


再び、函館でのスナップ写真。

街のあちらこちらに、ブロンズ像がありました。

DSC00551.JPG

元町公園。スカートがふわり。

DSC00670.JPG

赤レンガ倉庫街あたり。本物かと思った!


DSC00664.JPG

五稜郭公園前あたり。

遠くからクマの姿が見えて、

「本を読んでるのかな?」と思って近寄るも、本を持っていない。

「掌にスマホ持っているクマなの?」と思ったけれど、そうでもない。

何しているんだろう???


・・・タイトル:ぢっと手を見る

あっあー。歩道で一人、笑いをこらえるのに必死でした。

背後の鳥がヒントになっているのかー。
函館に縁のある作家ですものね。

答えは こちら。朝日新聞の記事


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

函館夜景 [全国リュート行脚計画]

ロープウェイに乗って、函館山からの夜景を観光。

8月だというのに、ロープウェイ乗り場は風が強くて、
軽いコートを着ていても肌寒いほどでした。



8月28日、18時30分ごろ。日差しも陰ってきて、夕方に。

DSC00568.JPG



18時40分。空の青が 藍色に変るころ。私の一番好きな時間帯です。

DSC00570.JPG



18時50分。空と海が、すっかり暗くなり、街の灯りが少しずつ増えていきました。

DSC00574.JPG


わずか20分ほどの間に、刻々と変る風景。

点描のような一つ一つの灯りのもとに、
人々が暮らしているのだと思うと、
愛おしいような悲しいような気分になって、胸がキューンとします。



現在の、函館山からの風景を見ることが出来ます。

夜景鑑賞のベスト時間は 
現在(11月19日)は、16時29分〜16時44分とのこと。

函館山の日没時間 夜景鑑賞ベスト時間





nice!(0) 
共通テーマ:旅行

スケールが違った坂道 [全国リュート行脚計画]


坂の多い街、長崎出身なので、坂道は慣れていますよ。

と思っていたのですが、北海道はスケールが違いました。

DSC00535.JPG

左端に見える看板「ロシア極東総合大学函館校 学生募集中」の文字が、
とてつもなく北方にいる、ということを感じさせます。


函館山から市街地の方へ、幾筋もの坂道があり、
それぞれに名前がついています。

私が一番好きだった坂道は、この坂道。(名前、何でしたっけ?)

DSC00521.JPG


結構な急勾配です。

DSC00560.JPG

街路樹の樹々が 美しくて、石畳。
故郷の長崎のオランダ坂を思い出させてくれて、親しみを感じました。



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

カトリック元町教会のニワトリ [全国リュート行脚計画]


夏の終わりの函館旅行の写真が続きます。


赤い屋根が可愛らしい印象の「カトリック元町教会」。

・・・塔のてっぺんに ニワトリ!?

DSC00526.JPG

アートワーク化して、チラシ裏面にも掲載した写真です。

DSC00525.JPG

坂の上にあり、ここから 函館の町並みや 津軽海峡がよく見えます。

なにより、空が広い。清々しい開放感です。


夜間は ライトアップされていて、また違った表情を見せてくれます。
教会正面から。

DSC00578.JPG

この教会では、年に一度コンサートも開催されているようです。



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

ギャラリー村岡さん [全国リュート行脚計画]


DSC00534.JPG

函館の元町にある「ギャラリー村岡」さんを 訪ねてみました。

アポイントなしの いきなり訪問だったのですが、
ショーウィンドウには リュートを弾く天使像。

扉を開けて店内に入ってみると、
聴こえてきたのは、リュート音楽。

ここのオーナーさんは、超能力があるのか?とちょっと驚きました。


当初、函館公演の会場候補の一つでもあったので、
いろいろとお話を伺い、教えて頂きました。

ガラス張りで開放感のある空間、床は木材、
リュートソロのサロンコンサートに 良さそうなギャラリーです。

いつかここでリュート弾いてみたいな、と思いました。


後日、チラシを店内に置かせていただき、広報にもご協力頂きました。

どうもありがとうございました!



nice!(0) 
共通テーマ:アート

函館にある黄色いもの [全国リュート行脚計画]


DSC00546.JPG

旧函館区公会堂です。こちらも国の重要文化財に指定されています。

中では コンサートなどが開催されている様子でした。


美しい建物なんですけれどね、
この柱部分の「黄色」は どういう様式なんだろう?
水色の壁に 黄色、という色彩感覚が、どうしても解せない。

そう思いを巡らせながら、歩いていると、
歩道で見つけた、黄色いもの。

DSC00542.JPG

消火栓が 黄色い。

(写真が斜めになっているのは、急な坂道だからです。)



函館の人は こういうイタリアのバスような派手な黄色が好きなのでしょうか。

緊急の際には、黄色は目立つし、こういう形の消火栓も レトロで素敵よね。

非常に 印象深くて、思わずタクシーの運転手さんにも訊ねてみました。


「なんで 黄色い消火栓なんですか?」と。

「東京には 黄色い消火栓はないのですか?」

「はい、ありません」

「あれ、東京には消火栓はないの?」

「いえ、消火栓はあるはずですが、色は黄色ではありません」


と答えてみたものの、ハタと気がつきました。


東京の消火栓って、何色だっけ・・・。

(東京に戻って観察した結果、赤、または銀色の箱型でした)




今、調べてみると、
函館の黄色い消火栓は、函館市のサイトにも詳しく解説されていました。

担当者を米国に派遣する一方、
ヨーロッパからも消火栓の実物やカタログを取り寄せるなどして、函館市が設計し、
1937年(昭和12年)から使用している由緒あるものだそうです。



nice!(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

函館ハリストス正教会の鐘 [全国リュート行脚計画]


DSC00558.JPG

函館ハリストス正教会の鐘の音が あまりに独特だったので、
いったい、どんな形の鐘なんだろう、と もう一度、写真データを探してみました。

(鐘の音については 前の記事をご参照下さい。)


別の角度から撮影した同教会の写真がありました。↑

左の塔の形が、ロシアぽいですね。

そして、右の塔の中に 鐘らしきものが。
拡大して、少し露出を変更して見やすくしてみました。

558.bels.jpg


手前の小さな鐘の奥に、少し大きめの鐘がもう一つ、見えています。

ああ、この大きさなら、あの音響になるかなぁと納得。


音響には関係ないけれども、
屋根と同じ、青緑色なのも 可愛らしくていい雰囲気ですね。


nice!(0) 

函館ハリストス正教会 [全国リュート行脚計画]


DSC00529.JPG

函館ハリストス正教会です。

夕方遅くにも関わらず、多くの観光客で賑わっていました。

カトリックでもプロテスタントでもなく、正教会というのは、
私にとっては やや珍しく、独特の雰囲気を感じました。

日本正教会の最初の、聖堂を持つ教会であり、
1983年に国の重要文化財に指定されています。


DSC00530.JPG


地元の人々には、「ガンガン寺」という名称で親しまれています。
(タクシーの運転手さんもそう呼んでいました)

この愛称は、最初、聖堂が出来た時、5個の鐘を 楽器のように鳴らしたことに由来します。

鐘は、全焼して壊れたり 再建されたり、紆余曲折あったようですが、
現在は 祈りの際にのみ 鳴らされている模様。

この鐘の音は、環境省の「残したい日本の音風景100選」に選ばれているらしいので、
Youtubeで、その音色を聴いてみましょう。





1分50秒を過ぎたあたりからが、ハイライトです。

正教会だからでしょうか、とってもエキゾチックな鐘の響きです。

これを「ガンガン」という擬音語に集約するしてしまうとは・・・。
生で聴くと、よほど大きい音なのか。

次回は その辺りを検証しつつ、祈りの時を見計らって訪問したいと思います。


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

東本願寺函館別院 [全国リュート行脚計画]


DSC00513.JPG

10月公演の下見のため、8月末に函館に旅行したときの写真をまとめました。


私にとって初めての函館。

まずは 教会群へ!と意気込んで坂道を上ったところ、
最初に見えてきたのは、なぜか お寺でした。

東本願寺函館別院。2007年に国の重要文化財に指定されています。

黒々とした瓦屋根が 美しい。

DSC00514.JPG

私が注目したのは、その屋根瓦の上を トコトコ歩いている「カラス」でした。

カラスなんて、どこのカラスも似たようなものですが、
鳥が好きなので、仕方ありません。

漆黒の屋根の上の、漆黒のカラス。うん、美しい。

同じようなカットのカラスの写真を 何枚も撮影していました。
我ながら、何を見に 函館まで行ったのか、よくわかりません。


DSC00517.JPG


夏の終わりのヒマワリと、秋を予感させるコスモス。



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

ポスト、ポスト、赤ポスト [全国リュート行脚計画]

IMG_3045.JPG


IMG_3042.JPG

IMG_3043.JPG


函館のベイエリアにて。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 全国リュート行脚計画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。