So-net無料ブログ作成
お気に入り ブログトップ
前の10件 | -

メリークリスマス! [お気に入り]


IMG_5170.JPG


サンリオ・ピューロランドに、出かけた娘からのおみやげ。

キティちゃん、サンタの帽子かぶっている!



nice!(0) 
共通テーマ:キャラクター

ゴッホとゴーギャン展〜二つの椅子 [お気に入り]


東京都美術館で開催されている【ゴッホとゴーギャン展】に出かけました。

tokyomuseum.JPG


二人の手紙を軸とした非常にシンプルな構成で、分かりやすい展示でした。
ゴッホに関しては、いろんな(興味本位で取り上げられがちな)情報がいろいろあるわけですが、
それらを排して、ゴーギャンとの関係に絞ったところが潔い。

IMG_5100.JPG

二人が短いながらも共同生活を送っていた時、
お互いが使っている椅子を描いた作品があるのですが、
会場の出口にこのようなコーナーが設けてあったり。

SNSに上げるための記念撮影スポットということなのでしょうが、
なかなかニクい演出です。

音声ガイドが面白いよ、という評判だったので借りてみました。
ゴッホの声の役の声優さんが、うっとりするような好みの声で悩殺されました。
(声フェチです)

二人が(ゴッホとゴーギャンね)別れる時には、思わず泣いてしまいましたよ、
作品を見て、ではなくて、音声ガイドの手紙の朗読に。

切ないねぇ・・・。



絵葉書を何枚か購入し、東京都美術館のミュージアムショップで一筆箋を購入。

mini-letter.jpg

ルドゥーテの一筆箋はずっと愛用しているもので、買い足し。
縦書き用に、若冲のものを買ってみました。

一筆箋は、チラシの配布をお願いする郵便物に添えたり、楽譜を送ったりする時に、
よく使うのです。

以前は、どんな美術展でも一筆箋が、グッズとして販売されていたものですが、
最近はあまり需要がないのか、あまり見当たりませんね。

ゴッホの一筆箋もあれば買ったのになー。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

【ダリ展】@新国立美術館 [お気に入り]


六本木の新国立美術館で開催されている「ダリ展」に出かけました。

IMG_5138.JPG

前回の展示からもう10年経つのか、という感慨と共に。

人だかりのしているシュールレアリズムのものより、むしろ初期のものを見たいなあと思って・・・。

ペン画だか素描だかの、ライオンの可愛らしい絵があって、
それを見ている人は誰もいなくて、独り占めしてじっくり観て、もう満足。



映画「アンダルシアの犬」上映コーナーがあって、その入り口で係りのお兄さんが

「間もなく目玉を切り裂くシーンです。小さなお子様や怖いシーンが苦手な方はご注意下さい」と

言っていて、仕事とはいえ十数分ごとにタイミングよくこのセリフを言い続けるのは大変だなと
同情してしまいました。


この新国立美術館に来ると、目的の展示よりもこの美術館の建物の方に感動してしまう。

IMG_5086.JPG


圧倒的な存在感を放つ逆円錐形のもの。内部は何があるんだろう?

shinkokumuseum.jpg

入り口あたりは、未来的な雰囲気。


chairs-shinkokuritsumuseum.jpg


必ず、ここに座ってぼーっとしてしまう。お気に入りのコーナー。
椅子は、有名なデザイナーの作品らしい。


IMG_5091.JPG

外はもうすっかり夕暮れて。外から美術館の内部を見たところ。



nice!(0) 
共通テーマ:アート

【クラーナハ展】@西洋美術館 [お気に入り]


Twitter関係の方々と一緒に、大人の社会科見学といった趣で「クラーナハ展」(西洋美術館)に出かけました。


cranach1.jpg


クラーナハ自身の作品ももちろん面白いのですが、
それ以後の画家たちが この画家の作風を模倣したりパロッたりした作品を残している、と
いうのが興味深い。
その様を含めて、この展覧会が構成されている点が卓越していて、
従来の、古い時代の絵画展にしては珍しい感じ。

現代の作品として、壁一面にこの作品を模写した絵が貼られている部屋に入った時には、
「複製(コピー)とは何か、大量生産、印刷とはどのような意味を持つのか」という問題を突きつけられる。

つまり、技術革新が芸術にもたらした意味を問われることだ。
音楽について言うなら、
レコードやCDといった録音&複製&大量生産のものと、一回限りのライブとの境は何か、ということ。

cranach2.jpg

クラーナハの友人には、宗教改革のマルティン・ルターがいて、その肖像画を幾つか残している。
そしてルターはリュートを弾いていたと言われているので、
どこかにリュートが出てくるかも、と期待したものの、
どの作品にもリュートどころか、音楽を感じさせる描写が、一切、出てこない。

この時代の作品には、現実の生活で楽器や音楽を楽しむ状況があるかどうかという以前に、
暗喩として、楽器や奏楽の天使が描かれることが多いのに、これはなぜだろう?と思う。



みんなと一緒の鑑賞会だったので、今回は音声ガイドを借りずに鑑賞したのですが、
ノイジードラーのリュート曲が流れる、という話もあったので、
音声ガイドでは、そのあたりについて何か説明があったのかもしれない。


           ***

クラーナハ、全体に色の配色がとてもセンスがいいな、と思いました。
明るいパステル調の水色に、オレンジがかった茶色という組み合わせ、シックだわー。


IMG_5186.JPG

次回のチラシデザインの時に、参考にしたい。





この後、アルザス料理のレストラン、ジョンティで皆さんとたらふく飲んだり食べたりして、満喫しました。

企画してくださった白沢さん、ご一緒してくださった皆さん、どうもありがとうございました!




nice!(0) 
共通テーマ:アート

鳩森神社って可愛いな [お気に入り]


先日、友人のコンサートのために千駄ヶ谷に出かけた際、鳩森神社に寄りました。
信心深いとか、全然関係なくて「村上春樹さんがこの辺住んでいたんだよねー」という
浮かれた調子で。


IMG_4875.JPG

こんな可愛い絵馬。(私は鳥が大好きです)

そして極め付けは、おみくじ。

IMG_4873.JPG

読んだおみくじを結ぶと、小鳥が電線に止まっている仕様になるようにデザインされている!
すごく可愛い。

中の文章は普通のおみくじみたいに 大吉、凶とか書いてあるんだろうか、
それとも何か違う面白い要素が盛り込んであるんだろうか?

脳内で勝手に妄想が膨らみます。

あー、どういう構造になっているのか、今すぐ開いて調べてみたい!


人様のものをそうするわけにはいかないから、その構造を知りたいばかりに、
全く信じてもいない おみくじ売り場へ向かう。

ところが、売り場の人が見当たらない。ちょっと席を外しているだけだと思うが。・・・



とうとう、コンサートへ向かわなければならない時間となり、今回は諦めました。

次回、同じ会場でコンサートがあるときには、ここでおみくじを買うことも予定に入れて出かけよう。



nice!(0) 
共通テーマ:占い

坪内逍遥版「ハムレット」 [お気に入り]


IMG_4575.JPG

先日、オフィーリアの部分の翻訳を比較するため図書館に出かけましたが、
坪内逍遥訳の本は古いために閉架の貴重書となっていました。
それを出してもらい、特別な部屋で(司書の方の監視の下)読んできましたが、
挿絵がとても美しかったので、コピーしてもらってきました。

中央公論社が明治42年に出版したものを改訂し、昭和8年に出版したもの。
定価70銭(期間限定50銭)のラベルがありました。

前書きで坪内逍遥は
「英語がわからない日本人のために、講釈の意味も含め、
ト書きはたくさん付け加えた」と記しています。

問題の箇所は「ホレーショー心狂ひたるオフィリヤをつれて出る。」のト書きのみ。


IMG_4575 2.JPG

(挿絵が横向きになっているので、回転させて冒頭にあげました)


オフ   デンマークのお妃さまは何処にぢゃ?
妃    どうしやった、オフィリヤ?


古い日本語表記が味わい深い。(「ぢゃ」を出すのにちょっと苦労。dya でした)

そしてオフィーリアが溺れて死ぬシーン。

IMG_4577.JPG


もしかしたら「青空文庫」で読めるのでは・・と思ったら、
ハムレットは準備中、となっていました。


下記の本は、そういえば夫の本棚にあった。

 


この前のブログ記事では(図書館になかったので)紹介しなかった
河合祥一郎氏のハムレット。








nice!(0) 
共通テーマ:演劇

【動画紹介】道化師ケンプのジグ [お気に入り]


前の記事で話題にした作者不詳「道化師ケンプのジグ」の動画がありましたので、
参考までに貼っておきます。

演奏は、田村仁良さん。イギリスの田園風景も美しい動画です。







どうぞお楽しみくださいませ〜。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

真四角には切り取れない写真 [お気に入り]


歩道橋の上に登ってみたら、
大した高さもないのに、結構、景色が変わって、うわーっとなった。

IMG_3922 2.JPG


hodokyo.jpg



iPhoneで撮影。パノラマ写真。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

web版夏目漱石デジタル文学館 [お気に入り]


スクリーンショット 2016-05-29 12.00.57.png

今年、来年と記念の年にあたる夏目漱石。
気になりながらも、とうとう神奈川で開催されていた展示会には出かけることが
できないうちに、会期が終わってしまいました。

ちょっとがっかりしていたら、
県立神奈川近代文学館所蔵の漱石にゆかりの品々を掲載したサイトを見つけましたので、
ご紹介します。


もう見所満載!
手紙コーナーでは「硝子ビュー」と「ほたるビュー」が選べますが、
これが何を意味し、どう違うか、ぜひお試しください。
なかなか風流でありながらも、研究にも役立つコーナーです。
こんな工夫をしているサイトは初めて。

遺品コーナーの、魚の形をした筆置きや青磁の筆洗い、愛用の筆、
愛嬌のある印章などを見てから、手紙を読むと、手紙を書いている姿が目に浮かぶようです。



部屋の様子も再現されていて、絨毯をしいた上に座布団とか、和洋折衷なのも面白い。
漢書や和書は平たく積み重ねられていて、その下の段には洋書が並べられている本棚の様子を見ると、
漢学が当然の教養だった世代だったことも思い起こされます。


高校生の時「将来何になりたいか」と訊かれて「夏目漱石のうちの住み込みの女中」と答えて
学校の先生にも友人にも呆れられましたが、その気持ちは、ちっとも変わりません。

女中はもう体力的にお呼びでないだろうけれども、
せめて彼の漢詩の良さがわかる大人になりたいなあと最近強く思います。



nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゼリービーンズのことを最近はソフトグミと呼ぶ [お気に入り]


IMG_3671.JPG

娘が「これ食べていいよ」とお菓子の箱をくれた。

「わーい。何?」

「グミだよ。会社でもらったんだけれど、私、甘い物いらないから」


小さな箱を開けると、小型のゼリービーンズが出てきた。
なんか懐かしいな・・・。
パクパク食べてしまった。


空になった小箱を前にして考える。

今時の子は、これをグミだというのか。
どうみてもゼリービーンズの色や形をしているのに。

商品サイトにも「ソフトグミ」と書いてある。
ずっと以前に食べたゼリービーンズの味を思い出してみると、確かにこれは違う。
あれは、もっと甘ったるくて人工的な味がした。
このソフトグミとやらは、もっと爽やかな酸っぱさがあって、
いわゆる柑橘系グミの味だ。


「ゼリービーンズ、わー懐かしい!」と思って飛びつく世代と、
「このグミ、可愛いー!」と飛びつく若い世代との両方に訴求しようとするメーカーの策略なのか。
マーケティングうまいな。
その手にのるものか・・・と思いつつ、空になった小箱を見つめている。






ブログトップの写真は、これ。箱のパッケージデザインがよい。
開け口のところに工夫があって、一度にドバッと出ないようになっている。


明治 ポイフル 53g×10個

明治 ポイフル 53g×10個

  • 出版社/メーカー: 明治
  • メディア: 食品&飲料

青ヴァージョンもある。

明治 ポイフルドリンクミックス 53g×10個

明治 ポイフルドリンクミックス 53g×10個

  • 出版社/メーカー: 明治
  • メディア: 食品&飲料


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - お気に入り ブログトップ