So-net無料ブログ作成
検索選択

浴衣洗って夏、終わり [日々の想い]

DSC_0606.JPG

暑かった今年の夏も、もう終わり。

使い古しの浴衣や、義母から譲ってもらったしじら織りの浴衣を洗ってしまう。

部屋干ししている浴衣の柄が、逆光の中で、ステンドグラスのように見える。

娘の赤い浴衣も洗ってしまわなければ。
あと何年、私が着付けて花火大会に送り出すのだろう。
少ししんみりしてしまう、夏の終わり。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

リュート奏者コスプレ [お気に入り]

800px-Jan_Steen_010.jpg

リュートを持った肖像画は、気取った上品なものが多いのですが、
こちらは、ずいぶんとまた、リラックスモードの肖像画です。

あるメーリング・リストで画像が流れてきて、
「誰だろう、この飲んだくれた親父は(失礼)。
酔っ払った足でふらついて、うっかり落としてリュート壊さないでよ」と、
他人事とは思えない心配をしつつ、詳細情報を読む。

メーリスでの議論は「これはバス・リュートだろうね」という話だった。
17世紀のオランダ、バスライダーなし、ボディの大きさなどから考えて、
10コースのバス・リュートだろうと、私も思いますよ。

リュート関係のメーリスの関心事はさすがにそのあたりなのね。

しかし、どうして貴族でなくて、親父がリュートを持っている絵なのか。
納得いかないので、調べてみました。

作家ヤン・ステーンJan Steen,1626-1679)オランダ・ライデン生まれ。
とりわけ有名なのは、庶民の日常生活の様子を描いたもの。
居酒屋を経営しながら人々を観察し、その様子を約800作品に描いたと言われています。

この絵のタイトルは「リュート奏者に扮した自画像」。

リュート奏者の格好をして自画像を描いているわけです。
つまり本当にリュートが弾けたかどうかは不明。

それにしても、両手の指先が美しいです。特に右手。
指先だけ見ていたら、リュートの美しい響きがポロロン・・・と聴こえてきそうです。
足の組み方も、いかにもリュート奏者っぽい。

本物のリュート奏者に、ポーズをとる指導をしてもらったんでしょうか?

・・・とここまで書いて、はた、と思いつきました。

本人がポーズとって、誰が絵を描くんだろう?

絵を描いたのは、ヤン・ステーンなのだから、
ポーズをとっているのは本物のリュート奏者で、
顔だけ、本人なのでは?

だとしたら、堂に入った左右の手の形も、足の組み方も、楽器の持ち方も、
すべて納得できる。

ちなみに、ヤン・ステーンの別の自画像はこちら。

1670_Jan_Havicksz._Steen_-_zelfportret.jpg

いやはや服装と姿勢と表情で、人はここまで印象が違うものなのですね・・・。

手は少しごつごつしていて、やはり先の自画像とは違うように見受けられます。

この絵では真面目で実直そうな印象ですが、
冒頭の「リュート奏者に扮した自画像」では満面の笑みを浮かべていて、
よほど(絵の中だけだったかもしれない)リュート奏者コスプレが 
嬉しかったんでしょう。

良かったですね、ヤンさん。

なんだか私にも、その嬉しさが伝わってきましたよ。
「どこの親父か」から「ヤンさん♡」と思えるぐらいには。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

フェルメールの食卓 [お気に入り]


IMG_1601.jpg

フェルメールの有名な一枚、「牛乳を注ぐ女」(1657-58頃)ですが、
この女性は、いったいどんな料理を作っているところなのでしょう。

牛乳を注いでいるのは、コップではなく、陶器の鍋のような形の容器です。

牛乳鍋?  ・・・まさかね。

こんな私の長年の疑問を解いてくれたのが、こちらの本、
「フェルメールの食卓〜暮らしとレシピ」(林 綾野・著/講談社)


IMG_1604.jpg

パンプディングを作っているところだったんですね!

この絵だけではなく、フェルメールの絵から、
当時のオランダで食されていたであろう料理、今でも普通によく食卓にのぼる料理などの
レシピが、絵と写真を添えて紹介されています。

家庭料理なので、気軽に作れそうなシンプルなレシピが多い印象です。

絵もエッセイも、料理も、と多角的に楽しめる一冊です。

最後に、フェルメールといえば、「リュートを調弦する女」(1664)ですね。
10コース・ルネサンスリュートを調弦しています。
弦の数、19本。まあ、時間かかるよね、窓の外を見たくなっちゃう気もわかる。

250px-Vermeer_-_Woman_with_a_Lute_near_a_window.jpg

フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)

フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)

  • 作者: 林 綾野
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/07/16
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:

新聞紙アート [お気に入り]


DSC_0594.JPG

素敵なバッグでしょう?

何と、新聞で出来ているのですよ。

ワインの広告部分を上手く使ってありますね。

昨年、演奏で高知にお伺いした際、
お客様から頂いたものです。

もう一つ、少し小振りのバッグも。
DSC_0596.JPG

こちらは 全面、赤の部分を使って無地のバッグっぽく。

裏は・・・。

DSC_0597.JPG

まぎれもなく、新聞紙です(笑)

何枚も重ねて糊付けして、しっかり丈夫に出来ています。

持ち手のところ。
DSC_0600.JPG

底の部分も厚く重ねてあって、重みに耐えられるように作られています。

どこにでもある素材でも、手の技が加わわると、
素敵なアートに。
こういうもの、大好き。
どうもありがとうございました!

nice!(0) 
共通テーマ:アート